TfS、化学分野のスコープ3算定ガイドラインを策定

9月22日、化学業界全体のCSR基準を引き上げる37社のグローバルネットワークである Together for Sustainability (TfS) は、化学企業がサプライチェーン上流の排出量を計算・追跡する方法を変革する、初のガイドラインを発表した。

新しい TfS ガイドラインは、製品カーボンフットプリント(PCF)と企業のスコープ 3 排出量報告を対象とし、具体的な計算方法を示している。本ガイドラインは、業界全体におけるPCFの計算方法を統一し、製品の気候変動への影響を直接比較・評価することを可能にする。

今回のガイドライン策定にあたって、TfSは、世界経済フォーラム(WEF)、持続可能な発展のための世界経済人会議(WBCSD)などの組織や、世界のNGO、企業のサステナビリティ専門家と連携した。

化学産業は、世界の温室効果ガス(GHG)排出量の7%を占め、その77%はスコープ3に属すると推定されている。新ガイドラインは、企業がパリ協定の目標に沿った排出量の削減、企業の持続可能性目標の設定、透明性に対する顧客からの要求の高まりに対応するために策定された。

PCFガイドラインの第1版は、サプライヤーのPCF算出のための仕様の規定に焦点を当てている。企業レベルでの報告原則やスコープ3.1算定に関するガイダンスなど4つの章を追加し、2022年11月に発行する予定。本ガイドラインは、オープンソースとして公開され、他の産業での利用も期待されている。

【参照ページ】
(原文)Press release: New Expert Guideline enables chemical sector to tackle Scope 3 emissions
(日本語訳)プレスリリース: 新しいエキスパート ガイドラインにより、化学セクターはスコープ 3 排出量に取り組むことが可能になります

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る