IPCC第6次報告書WG3サマリー:気候変動緩和に関する6つの重要ポイント

4月4日、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、第6次評価報告書(AR6)の第3作業部会(WG3)報告書(気候変動緩和)を公表した。 最新版では、65カ国278人の科学者が、パリ協定の1.5℃目標達成の可能性を保つために、世界は今後3年間で温室効果ガスの排出をピークにする必要があると指摘している。

気候変動の物理科学とその影響に焦点を当てたこれまでの2つの報告書に続き、第3作業部会によるこの報告書は、主に緩和、つまり温室効果ガス(GHG)排出の削減と大気中の二酸化炭素(CO2)の除去に焦点を当てている。2014年のIPCC第5次評価報告書以降に発表された18,000以上の研究を分析し、世界有数の気候科学者が、地球温暖化を1.5℃などの温度閾値に制限する経路を特定するとともに、異なる緩和戦略の実現性、効果、利点を評価している。

本記事では、IPCCの気候変動緩和に関する報告書から得られた6つの重要な観点をまとめた。

1. GHG排出量は増加し続けているが、1.5℃シナリオにおける 排出量は2025年以前にピークに


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    2022-10-3

    オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    9月28日、グローバルファッション通販企業であるSHEINは、2030年までにバリューチェーンの排…
  2. 格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    2022-10-3

    格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    9月、格安航空会社easyJetは、気候変動への影響に対処し、2050年までに排出量ゼロのフライト…
  3. 2022-10-3

    バイデン大統領、米国への投資による国家安全保障リスクを考慮した大統領令に署名

    9月15日、バイデン大統領は、対米外国投資委員会での国家安全保障上のリスクに関する確実な審査のため…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る