IPCC第6次報告書WG3サマリー:気候変動緩和に関する6つの重要ポイント

4月4日、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、第6次評価報告書(AR6)の第3作業部会(WG3)報告書(気候変動緩和)を公表した。 最新版では、65カ国278人の科学者が、パリ協定の1.5℃目標達成の可能性を保つために、世界は今後3年間で温室効果ガスの排出をピークにする必要があると指摘している。

気候変動の物理科学とその影響に焦点を当てたこれまでの2つの報告書に続き、第3作業部会によるこの報告書は、主に緩和、つまり温室効果ガス(GHG)排出の削減と大気中の二酸化炭素(CO2)の除去に焦点を当てている。2014年のIPCC第5次評価報告書以降に発表された18,000以上の研究を分析し、世界有数の気候科学者が、地球温暖化を1.5℃などの温度閾値に制限する経路を特定するとともに、異なる緩和戦略の実現性、効果、利点を評価している。

本記事では、IPCCの気候変動緩和に関する報告書から得られた6つの重要な観点をまとめた。

1. GHG排出量は増加し続けているが、1.5℃シナリオにおける 排出量は2025年以前にピークに


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る