ファンドマネージャーFederated Hermes、ロンドン自然史博物館と共同で生物多様性株式ファンドを設立

Federated Hermes、ロンドンの自然史博物館と共同で生物多様性基金を設立

3月21日、ファンドマネージャーFederated Hermesは、英国自然史博物館と提携し、生物多様性株式ファンドの立ち上げを発表した。本ファンドは、生物多様性の保全と回復に貢献する企業のポートフォリオへの投資を目的としている。

Federated Hermesは、土地汚染・海洋汚染と搾取・持続不可能な生活・気候変動・持続不可能な農業・森林破壊など、生物多様性への脅威に対応する6つの主要テーマを掲げ、ファンドの設立を発表した。

SFDRの基準では第9条に分類される本ファンドは、Federated Hermesのインパクト&サステナブル投資部門責任者のIngrid Kukuljanが運用する予定だ。

Federated Hermesと自然史博物館は、博物館の生物多様性専門家とデータ科学者が、生物多様性の影響と投資企業が実現する製品やサービスとの間の橋渡しをどのように支援できるかを探るために協力してきたと述べている。

自然史博物館は、ある地域全体の生物多様性の損失を推定し、その地域の自然生態系コミュニティの何パーセントがまだそこに存続しているかを示す指標である「生物多様性インタクト指数(BII)」を開発した。BIIのデータは、地域の生態系の生物多様性の状況を国ごとに比較できるオンラインツール「Biodiversity Trends Explorer」で公開されている。本データは、戦略のための投資決定を支援し、情報を提供するために使用される。

【参照ページ】
(原文)Federated Hermes launches ‘Article 9’ Biodiversity Fund in affiliation with the Natural History Museum
(日本語訳)Federated Hermes、ロンドンの自然史博物館と共同で生物多様性基金を設立

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る