不動産向けESGソリューション企業Evora Global、アジアと北米で事業拡大を計画

 

3月30日、商業用不動産向けにESGソリューションを展開するEvora Globalは、Paia Consultinと新たに提携し、Evoraのアジアと北米での事業拡大を発表した。

Evora Globalは、同社のサービスに対する需要が大幅に伸びていることを受け、本計画を発表した。2011年に設立されたEvoraは、独自のESGソフトウェアプラットフォーム「SIERA」を開発し、現在世界7,000カ所以上で、投資家やビル管理者の気候リスク管理を支援している。

SIERAプラットフォームは、物理的な気候リスクデータと、炭素排出量など他のESGデータとの照合を分析し、ユーザーが資産のリスクと機会を一つのプラットフォームで理解し、ポートフォリオ全体の回復力を構築し、情報に基づいたデータ駆動型の投資決定を行うことができるようにする。

Evoraは、現在100人以上のサステナビリティ・コンサルタントを雇用し、160人のスタッフを擁しており、過去2年間で2倍以上に増えている。

本パートナーシップの下、EvoraとPaiaは、アジアの不動産顧客に対してコンサルティングサービスとESGデータを提供し、パイアはSIERAを自社のコンサルティングに活用し、顧客のサステナビリティ、ESG報告の改善、気候リスク分析を支援する。

【参照ページ】
(原文)EVORA Global strengthens its global presence with new operations in Singapore
(日本語訳)Evora Global、アジアと北米で事業拡大を計画

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る