不動産向けESGソリューション企業Evora Global、アジアと北米で事業拡大を計画

 

3月30日、商業用不動産向けにESGソリューションを展開するEvora Globalは、Paia Consultinと新たに提携し、Evoraのアジアと北米での事業拡大を発表した。

Evora Globalは、同社のサービスに対する需要が大幅に伸びていることを受け、本計画を発表した。2011年に設立されたEvoraは、独自のESGソフトウェアプラットフォーム「SIERA」を開発し、現在世界7,000カ所以上で、投資家やビル管理者の気候リスク管理を支援している。

SIERAプラットフォームは、物理的な気候リスクデータと、炭素排出量など他のESGデータとの照合を分析し、ユーザーが資産のリスクと機会を一つのプラットフォームで理解し、ポートフォリオ全体の回復力を構築し、情報に基づいたデータ駆動型の投資決定を行うことができるようにする。

Evoraは、現在100人以上のサステナビリティ・コンサルタントを雇用し、160人のスタッフを擁しており、過去2年間で2倍以上に増えている。

本パートナーシップの下、EvoraとPaiaは、アジアの不動産顧客に対してコンサルティングサービスとESGデータを提供し、パイアはSIERAを自社のコンサルティングに活用し、顧客のサステナビリティ、ESG報告の改善、気候リスク分析を支援する。

【参照ページ】
(原文)EVORA Global strengthens its global presence with new operations in Singapore
(日本語訳)Evora Global、アジアと北米で事業拡大を計画

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る