BNY Mellon、ESG bond ETFのアクティブ運用を開始

BNY Mellon、ESG bond ETFのアクティブ運用を開始

3月22日、BNY Mellonは、ESGに優れた発行体を投資対象とするESG bond ETF「BNY Mellon Responsible Horizons Corporate Bond ETF」のアクティブ運用の開始を発表した。

本ETFは、BNY Mellonの投資会社であるInsight Investmentの子会社であるInsight North Americaがサブアドバイザーを務めている。

本ETFは、インサイトのESG格付手法・プライム・データおよび調査に基づく主要なESGリスクと機会の特定に基づいて投資属性とビジネス慣行を実証する企業が発行する社債に焦点を当てながら、資本増価とインカムベースのリターンを組み合わせて追求していく。ETFは、ESG課題に関するベスト・パフォーマーをターゲットとする一方、ワースト・ランクのパフォーマーを回避し、環境に敏感な産業への投資アプローチを慎重に検討していく。

NYSE Arcaに上場している本ETFは、BNY Mellon Investment Management のETFの中で6番目のアクティブ運用型であり、4番目のサステナブル専用ソリューションとなっている。同ファンドは、インサイトの債券グループのErin Spalsbury と Jonathan Earleが運用していく。

【参照ページ】
(原文)BNY Mellon Launches ESG Fixed Income Offering
(日本語訳)BNY Mellon、ESG bond ETFのアクティブ運用を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る