BNY Mellon、ESG bond ETFのアクティブ運用を開始

BNY Mellon、ESG bond ETFのアクティブ運用を開始

3月22日、BNY Mellonは、ESGに優れた発行体を投資対象とするESG bond ETF「BNY Mellon Responsible Horizons Corporate Bond ETF」のアクティブ運用の開始を発表した。

本ETFは、BNY Mellonの投資会社であるInsight Investmentの子会社であるInsight North Americaがサブアドバイザーを務めている。

本ETFは、インサイトのESG格付手法・プライム・データおよび調査に基づく主要なESGリスクと機会の特定に基づいて投資属性とビジネス慣行を実証する企業が発行する社債に焦点を当てながら、資本増価とインカムベースのリターンを組み合わせて追求していく。ETFは、ESG課題に関するベスト・パフォーマーをターゲットとする一方、ワースト・ランクのパフォーマーを回避し、環境に敏感な産業への投資アプローチを慎重に検討していく。

NYSE Arcaに上場している本ETFは、BNY Mellon Investment Management のETFの中で6番目のアクティブ運用型であり、4番目のサステナブル専用ソリューションとなっている。同ファンドは、インサイトの債券グループのErin Spalsbury と Jonathan Earleが運用していく。

【参照ページ】
(原文)BNY Mellon Launches ESG Fixed Income Offering
(日本語訳)BNY Mellon、ESG bond ETFのアクティブ運用を開始

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る