カナダ、2035年までに新車販売台数の100%をゼロエミッション車とすることを義務化

カナダ、2035年までに新車販売台数の100%をゼロエミッション車とすることを義務化

12月21日、スティーブン・ギルボー環境・気候変動大臣が発表した新しい規制案によると、カナダで販売されるすべての新車の乗用車、SUV、ピックアップトラックは、2035年までにゼロエミッション車(ZEV)にすることが義務づけられる予定である。

本発表は、カナダ政府が今年初めに発表した「2030年排出量削減計画」に基づくもので、2030年までに温室効果ガスを40~45%削減するという気候変動に関する暫定目標を達成するための戦略の概要を示している。本計画には、充電ステーションやインフラ、EVインセンティブへの資金提供を含む他の輸送電化の動きと並んで、軽自動車のZEV販売義務化の計画が含まれている。

2035年の目標に加えて、カナダは一連の暫定的なZEV販売義務も導入し、2026年までに新車販売の20%、2030年までに60%をZEVにすることを要求している。政府の声明によると、本目標は消費者への ZEV 供給を増やすことを目的としている。

政府の試算によると、義務化により、2026年から2050年の間に4億3千万トンの温室効果ガスの累積排出量が削減されるという。新しい販売義務の発表により、カナダは、EU、英国、米国など、独自のZEV要件を導入している他の国・地域に加わることになる。

カナダは、ZEVへの移行を加速させるため、2027年までに5万基のEV充電ステーションに追加投資し、連邦政府出資の充電器を8万7千基とすることや、ZEVの購入またはリース費用に対して消費者と企業にそれぞれ最大5千ドル(約66.3万ドル)と1万ドル(約132万ドル)を提供するプログラムの更新も発表している。

【参照ページ】
(原文)Let it roll: The Government of Canada moves to increase the supply of electric vehicles for Canadians

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る