Euronext、科学的根拠に基づく排出量削減目標をサプライヤーに要求へ

6月28日、欧州の総合取引所であるEuronextは、科学的根拠に基づく排出量削減目標の設定をサプライヤーに義務付ける計画を含む、新たな気候変動に関する目標と取り組みを発表した。

Euronextは、科学的根拠に基づく目標イニシアティブ(SBTi)の枠組みに沿って目標を策定し、2022年末までにSBTiによる目標の検証を受ける予定であることを表明した。

Euronextは2030年までに、スコープ1および2の市場ベースの温室効果ガス(GHG)排出量を2020年のベースラインから70%、スコープ3の排出量を2019年のベースラインから少なくとも46.2%削減することを目標としている。2027年までに、Euronextの購入商品・サービス由来のGHG排出量の67%を占めるサプライヤーも、スコープ1および2の排出量について目標を設定する必要があるとしている。

同社は、新たな目標を達成するためのロードマップを概説し、建物ポートフォリオのエネルギー効率改善、エネルギー効率投資、ガス燃焼ボイラーの廃止、車両保有台数の脱炭素化などによるスコープ1の排出量削減を挙げている。スコープ2については、Euronextはオフィススペースとデータセンターを再生可能エネルギーに移行し、持続可能な旅行プログラムを通じて旅行による排出を削減する予定だ。

また、主要サプライヤーを直接関与させ、環境保護、人権、多様性、包括性に関する規定を含むサプライヤーオンボーディングプラットフォームを展開する予定である。Euronextは、従業員に対して、環境への影響を考慮して行動するための意識と能力を養うために、気候に関するワークショップを開催する予定だ。

Euronextによると、これらの新しい目標は、同社、そのパートナーや顧客、欧州経済が世界気温の上昇を抑制し、パリ協定で定められた産業革命以前の水準と比較して1.5℃以下の上昇を確実に維持できるような製品やサービスの開発に基づく「1.5°への適合」気候変動対策にも対応するものであるとしている。

【参照ページ】
(原文)Euronext announces its science-based climate targets supporting its “Fit for 1.5°” commitment
(日本語訳)Euronext、科学的根拠に基づく排出量削減目標をサプライヤーに要求へ

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る