BNPパリバ、初のソーシャルボンドを発行

12月12日、BNPパリバは、「MSCI ユーロゾーン・ソーシャル・セレクト30」に連動する、5,000万ユーロ(約70億円)の初回ソーシャルボンドを発行した。本取引は、BNPパリバCIB のグローバル・マーケッツ部門が組成し、保険会社の BNPパリバ・カルディフが投資した。

BNPパリバCIB は、持続可能なサービスの提供と社会的投資に対する投資家の要望に応えるため、ソーシャルボンド、ソーシャルインデックス、寄付による社会的共有という 3 つの特徴からなる統合的なサービスを開発した。

BNPパリバは、発行するソーシャルボンドの収益を社会的にプラスの効果をもたらす資産やプロジェクトの融資やリファイナンスに充当する。これには、雇用へのアクセス、機会均等、住宅へのアクセス、教育へのアクセス、ヘルスケアへのアクセスなどが含まれる。

このフレームワークの検証プロセスは、2つの独立した第三者によって審査される。ESG格付機関がフレームワークの社会的信用に関するセカンド・パーティ・オピニオンを提供し、外部監査機関が適格社会資産プールを検証する。適格社会資産の共通プールは、国際資本市場協会(ICMA)のソーシャルボンド原則に沿って、BNPパリバ・ソーシャルボンド委員会が定義している。

ソーシャル・インデックス:ソーシャル・ボンドのパフォーマンスは、「MSCI ユーロゾーン・ソーシャル・セレクト30指数」に連動する。BNPパリバCIB が設計した同インデックスは、意欲的な社会的目標を掲げながら、企業活動が社会に与える負の影響を軽減している企業へのエクスポージャーを提供する。

同インデックスは、ユーロ圏の時価総額上位80社から始まり、社会問題に焦点を当てた国連の持続可能な開発目標(SDGs)(目標1、2、3、4、5、8、10、16)のうち少なくとも1つに貢献し、かつ他のどの社会SDGも損なわず、投資先企業が優れたガバナンス慣行に従うことを保証する30社を選定している。

社会的寄付の仕組み:投資総額の一部をBNPパリバ・グループが支援する団体に寄付する。機会均等、社会的挿入、人道的救済など、様々な社会的インパクトの分野で活動する団体に焦点をあてている。

パートナーは、BNPパリバ・カンパニー・エンゲージメント部門が選定し、BNPパリバCIBグローバル・マーケッツによるデュー・デリジェンスを受けています。パートナーは、Habitat & Humanisme、Sport dans la Ville、Article 1、Rescue & Recover Fund (RedCross, Doctors without Borders, Care)などです。今回は、Article 1とSport dans la Villeが選定された。

【参照ページ】
(原文)BNP Paribas CIB and BNP Paribas Cardif finalise inaugural structured social index-linked bond
(日本語参考訳)BNPパリバ、初の社会的指標連動型仕組債を完成させる

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る