WHO、人工甘味料アスパルテームの危険性とリスク評価結果を発表。発癌性の可能性を指摘

7月14日、国際がん研究機関(IARC)、世界保健機関(WHO)、国連食糧農業機関(FAO)の食品添加物合同専門家委員会(JECFA)は、砂糖以外の甘味料であるアスパルテームの健康への影響に関する評価結果を発表した。本アセスメントの結果、IARCはアスパルテームをヒトに対する発がん性の可能性があるとして、IARCグループ2Bに分類。一方、JECFAは1日の許容摂取量を40mg/kg体重と再確認した。グループ2Bは、その物質ががんを引き起こす可能性があることの確実性がより低いレベル(4段階中3段階目)であることを示すもので、「ヒトにおける限定的証拠」と「実験動物における十分な証拠未満」である。

IARCとJECFAは、アスパルテームの発がん性の可能性と摂取に伴うその他の健康リスクを評価するため、独立かつ相補的なレビューを実施。IARCが発見したヒトにおける発がんに関する限定的な証拠は、肝臓がんの一種である肝細胞がんの可能性であったが、実験動物における証拠は限定的であり、がんを引き起こす可能性のあるメカニズムに関する証拠も限定的であった。JECFAは、アスパルテームの1日摂取許容量0~40mg/kg体重を変更する十分な理由はないと結論づけた。例えば、JECFAによれば、体重70kgの成人が1日の許容摂取量を超えるには、200~300mgのアスパルテームを含む清涼飲料水を9~14缶以上摂取する必要がある。

JECFAのリスク評価は、がんなどの特定の種類の危害が発生する確率も決定するため、委員会はIARCの分類を考慮する。JECFAは最終的に、アスパルテームの摂取による発がん性の証拠は説得力がないと結論づけた。

WHOはまた、アスパルテームやステビアを含む非糖類甘味料を、体重管理や非伝染性疾患のリスク低減のために使用しないよう勧告するガイドラインを最近発表した。同ガイドラインは、非糖質甘味料の長期使用は最終的に消費者の減量には役立たず、成人における2型糖尿病、心血管疾患、死亡のリスクを高める可能性があると判断した。

【参照ページ】
(原文)Aspartame hazard and risk assessment results released
(日本語訳)WHO、人工甘味料アスパルテームの危険性とリスク評価結果を発表。発癌性の可能性を指摘

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る