欧州委員会、企業のESG報告に関する義務的要件を削減。機関投資家団体は反発

7月7日、欧州資産運用業界団体EFAMAは、欧州持続可能投資フォーラム(Eurosif)、責任投資原則(PRI)、気候変動に関する機関投資家グループ(IIGCC)および90以上の投資家および金融市場参加者とともに、欧州委員会による欧州サステナビリティ報告基準(ESRS)制定に対し、高水準の義務導入を要請した。

同連合は共同宣言の中で、委任法の草案実施について意見を提供する機会を歓迎した。しかし、強制的な開示指標を廃止し、重要性評価に置き換える提案については懸念を表明した。

マテリアリティ自己評価の導入と自主的な開示の増加は、サステナビリティ報告の正確性を損ない、資産運用会社がSFDR開示に必要なESGデータを入手する妨げになると各団体は主張。こうしたデータギャップは、最終投資家をさらに混乱させ、EUのサステナブル・ファイナンスの目標を妨げることになる。

また、同連合によると、ESRSはEUのサステナブル・ファイナンス規則全体のデータギャップに対処するために設計された。しかし、提案されているアプローチは、欧州グリーン・ディール、2030年に向けたEU生物多様性戦略、EU気候法に示されたサステナビリティの目標に沿った、情報に基づいた意思決定と資本配分に必要な、一貫性、比較可能性、信頼性のある情報への投資家のアクセスを制限することになる。

さらに、金融市場参加者が、SFDR、ベンチマーク規制、および第3の柱の開示要件に基づく報告義務を果たすことを妨げることにもなる。

同連合は、サステナビリティの重要性の決定に関する説明の任意性についても懸念を表明した。これは、コンサルタントやアドバイザーの支援を受けた企業が、何を報告すべきかを決定する責任を負うというものである。

Efamaは、温室効果ガス(GHG)排出量、移行計画、気候変動目標に関する報告は、EUの気候変動目標や投資家の気候変動コミットメントに沿い、常に重要なものとみなされるべきであり、それゆえ義務化されるべきであると強調した。

同連合は、投資家が包括的なサステナビリティ・データにアクセスできるようにするため、いくつかの政策提言を発表した。その中には、SFDR義務におけるデータギャップをなくすための重要性評価要件の修正、SFDRとCSRDの相互依存性を認識するための報告段階導入スケジュールの調整、国際的なISSBやGRI報告基準とのESRSの相互運用性を最大限に確保すること、具体的なガイドラインを提供することで報告移行計画の要件に慎重な配慮をすることなどが含まれる。

【参照ページ】
(原文)Reducing mandatory requirements for corporate ESG reporting would deprive asset managers of data needed for sustainable investment disclosures
(日本語訳)欧州委員会、企業のESG報告に関する義務的要件を削減。機関投資家団体は反発

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る