トヨタ自動車、西欧でのゼロエミッション車投入を準備

トヨタ自動車、西欧でのゼロエミッション車投入を準備

12月2日、トヨタ自動車は、メディア向けイベント「Kenshiki forum」において、西欧で2035年までに販売する新車全てを、EVや燃料電池車(FCV)など二酸化炭素を排出しないゼロエミッション車(ZEV)にする準備を整えていると発表した。

欧州連合(EU)加盟国や英国、ノルウェーなどの西欧での新車販売に占めるZEVの割合について、トヨタは25年に10%以上、30年に50%以上にし、需要が増えれば供給能力も備えるとして35年に100%を目指す。 2030年には規制やラインアップ拡充を受けてゼロエミッション車の比率は50%以上となる見通しである。

本イベントでは、電動化以外のカーボンニュートラルに向けた取り組みも発表された。2030年までに欧州の全ての生産拠点でカーボンニュートラルを達成する他、同年までに自動車での再生プラスチックの使用量を3倍以上に増やす。これにより、年間2万トンの再生プラスチックが新車に使われる試算である。また、今後5年間でシート生地は全てリサイクル素材に切り替えるとともに、内装材はアニマルフリーとする。

21年のトヨタの欧州全体におけるZEVの販売台数は約107万台、シェアは6.3%で、過去最高となる見込みである。22年は130万台、シェアは6.5%を計画する。

【参照ページ】
(原文)Toyota Motor Europe outlines its path to 100% CO2 reduction by 2035
(日本語訳)トヨタモーターヨーロッパ、2035年までに100%のCO2削減への道筋を示す

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る