英国、廃棄物をSAFに転換するプロジェクトに約127億円を投資

英国、廃棄物を持続可能なジェット燃料に転換するプロジェクトに約127億円を超える資金を提供

12月22日、英国運輸省は、家庭ごみ、商業ごみ、産業廃棄物ガスなどを原料として持続可能な航空燃料(SAF)を製造することを目的とした一連のプロジェクトに、8000万ポンド(約127億円)以上を投資したと発表した。

また、炭素回収・転換(CCT)企業のLanzaTechには、製鉄所のオフガスをエタノールに転換し、アルコールからジェット燃料を製造するサウスウェールズの商業規模のプラント、DRAGONに対して2500万ポンド(約39.9億円)が授与された。VelocsyとLanzaTechのプロジェクトは、2028年と2026年に稼働し、フル稼働時にはそれぞれ37kt/yと79kt/yのSAFを生産する見込みである。

本投資は、英国におけるSAF製造プラントの開発を支援することを目的とした、英国の1億6500万ポンド(約263億円)の先進燃料ファンドから行われた。本ファンドは、2050年までに航空機の運航を完全にゼロにするという英国の「ジェット・ゼロ」戦略とともに、今年発足したものである。同戦略は、2050年までに航空機からの排出量を60%以上削減することを目指しており、2019年を航空機からの排出量のピークと想定している。

【関連記事】英国、2040年までの国内航空・空港のネット・ゼロにコミット

発表されたファンドからの追加助成には、ティースサイドの産業クラスターに年産87トンのSAFプラントを建設するalfanar Energyへの1100万ポンド(約17.5億円)(2028年稼働予定)、チェシャー州エレスメアポートに年産83.7トンのプラントを建設するFulcrum BioEnergyへの1680万ポンド(約26.8億円)(2027年稼働予定)と、二酸化炭素のSAF化実証プラントであるVelocysへの250万ポンド(約3.9億円)(同)も含まれている。

運輸省によると、この5つのプロジェクトで年間30万トン以上のSAFが生産され、年間平均20万トンの排出量が削減される見込みである。

【参照ページ】
(原文)Lift off for projects fuelling jet liners with bin liners
(日本語参考訳)ジェット旅客機の燃料をゴミ箱で賄うプロジェクトが始動

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る