BNPパリバAM、グローバル・ネット・ゼロ移行ファンドを立ち上げ

3月21日、BNPパリバ・アセット・マネジメント(BNPP AM)は、BNPパリバ・グローバル・ネット・ゼロ・トランジション・エクイティ・ファンド(BNPP Global Net Zero Transition Equity fund)のローンチを発表した。

BNPP AMによると、本ファンドはEUのSFDR規制の第8条に分類され、世界の排出削減に貢献する「採用企業」と「ソリューション・プロバイダー」の双方を含む、ネット・ゼロの達成に注力する1,000社以上のグローバル企業から選ばれた、確信度の高いポートフォリオを目標とする。

BNPP AMによれば、投資対象は地理的、規模的、セクター的に分散されており、ベンチマークと比較して業界リスクを低減している、

また、BNPP AMは、本ファンドが、低炭素経済を実現することの社会的影響に言及する「ジャスト・トランジション(公正な移行)」のレンズでネット・ゼロの達成に焦点を当てた、市場で数少ないファンドの一つであると付け加えた。

本ファンドのローンチは、BNPP AMが1月に発表した新しいグローバル・サステナビリティ戦略(GSS)に続くもの。気候、自然ベースのソリューション、経済的平等を含むテーマにわたる持続可能でインパクトのある投資ソリューションの幅を広げるという目標が盛り込まれ、投資においてサステナビリティを考慮するアプローチを更新した。BNPP AMはまた、2022年にネット・ゼロ・ロードマップを発表し、対象投資案件の60%を2030年までにネット・ゼロ達成、2040年までに100%とする目標を設定した。

【参照ページ】
(原文)BNP Paribas Asset Management launches its first active Global Net Zero Transition equity fund
(日本語参考訳)BNPパリバAM、グローバル・ネット・ゼロ移行ファンドを立ち上げ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る