Lombard Odier、電化の「グリーン・アルファ」機会を捉える株式戦略を立ち上げ

Lombard Odier、電化の「グリーン・アルファ」機会を捉える株式戦略を立ち上げ

5月24日、グローバルな資産運用会社であるLombard Odier Investment Managers(LOIM)は、世界的なエネルギー転換から生じる新たな電化トレンドに関する機会を捉えることを目的とした新しいアクティブ運用株式戦略を立ち上げることを発表した。

LOIMの発表によると、新戦略は、複数のエネルギーシステム資産や製品が転換期を迎え、技術革新や政策がEV、ヒートポンプ、再生可能エネルギーなどのクリーンエネルギーソリューションを推進する中、市場が来るべき「グリーンアルファ」の機会をまだ織り込んでいないように見えることから立ち上げられた。

LOIMは、規制、コストダウンカーブ、環境外部性の価格設定などの変化要因によって引き起こされる市場の転換点を評価し、総アドレス可能市場(TAM)が市場の合意を大幅に上回る企業を特定することによって、環境と調和したシナリオにおいて企業が財務的に同業者を上回ることを期待するグリーンアルファを評価するアプローチを説明した。

新戦略は、確信度の高い銘柄選択プロセスを用いて、クリーンな電化、建物、輸送、産業の効率化、生産プロセス、消費パターンの変化などの需要、化石燃料から再生可能エネルギーへの転換に関する供給、エネルギー転換を可能にし、加速するために必要なハードウェア、ソフトウェア、原材料などの実現可能性をテーマとする40~50銘柄からなるグローバル株式ポートフォリオの構築を目指している。

新戦略は、リード・ポートフォリオ・マネージャーのポール・ユダルが管理し、ジュニア・ポートフォリオ・マネージャーのピーター・バーク・スミスがサポートする。

【参照ページ】
(原文)Lombard Odier IM launches Future Electrification strategy
(日本語訳)Lombard Odier IM、Future Electrification戦略を開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る