EcoVadis、製品の炭素排出量追跡ソリューションを発表

9月26日、ビジネス・サステナビリティ・レーティング・プロバイダーであるEcoVadisは、企業が製品レベルの温室効果ガス(GHG)排出量をより正確に追跡するための、カーボン・アクション・モジュール・ソリューションの新機能である「EcoVadisプロダクト・カーボン・フットプリント(PCF)データ・エクスチェンジ」の開始を発表した。

EcoVadisによると、新機能は、企業の炭素削減戦略における主要な障壁の一つである、サプライチェーン全体で購入された製品やサービスの排出量報告を可能にする。サプライヤーが全体的なカーボンフットプリントについて報告する際、購入者がそれらの排出量のうち購入に起因する部分を判断するための正確なデータが不足していた。

本ソリューションは、Partnership for Carbon Transparency(PACT)の標準ベース「Pathfinderフレームワーク」を使用しており、EcoVadisのサプライヤー・ネットワーク(カーボン・アクションに取り組んでいる4万社を含む)全体で製品のカーボンフットプリントを追跡することができるという。

EcoVadisによると、本ソリューションを使用することで、企業はサプライヤーに製品のカーボンフットプリント・データを要求・収集し、EcoVadisの専用コースでサプライヤーのPCF能力構築を支援することが可能となる。

【参照ページ】
(原文)EcoVadis Unveils Product Carbon Footprint Data Exchange to Transform Collaborative Decarbonization Efforts Across the Value Chain
(日本語参考訳)EcoVadis、製品の炭素排出量追跡ソリューションを発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る