OECD、「G20/OECDコーポレート・ガバナンス原則2023」を発行

9月11日、経済協力開発機構(OECD)は、「G20/OECDコーポレート・ガバナンス原則2023」を発行した。改訂原則は、資本市場と世界経済の進化を踏まえた、2015年に発表された従来の原則に代わるものである。

首脳宣言で述べられているように、「サステナビリティと資本市場からの資金調達を支援するコーポレート・ガバナンスのための政策・規制の枠組みを強化し、ひいては、より広範な経済の回復力に貢献することを目的として」、改訂された原則がG20首脳によって承認された。

改正原則は、既存の原則に変更を加えるとともに、2つの新しい章を導入。「機関投資家、株式市場、その他の仲介者」の章では、機関投資家と投資先企業との関わり、必要不可欠な開示要件、重要な所有権の行使に伴う利益相反の管理に焦点を当てた。「サステナビリティとレジリエンス」の章では、 サステナビリティとレジリエンスのリスク・機会を管理するためのコーポレート・ガバナンス方針に焦点を当てている。

【参照ページ】
(原文)G20/OECD Principles of Corporate Governance

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る