KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電システム開発会社であるAvantusの株式の過半数を取得し、同社の成長を支援することを発表した。

2009年に設立されたAvantusは、カリフォルニア州を拠点とし、米国南西部とカリフォルニア州の電力市場を中心に、大規模な公共施設規模の太陽光発電および太陽光+蓄電プロジェクトの開発・販売・運営を行っている。現在までに、同社は6.5GWpの太陽光発電と6.3GWhの蓄電池プロジェクトを開発・販売し、30GWpの太陽光発電と94GWhの蓄電池のプロジェクト・パイプラインを保有している。

本取引は、KKRが2023年8月に開始した「グローバル気候戦略」による米国初の投資であり、低炭素経済への移行を支援する大規模なソリューションへの投資に特化している。

買収後、KKRと既存の投資家であるEIGがAvantusの唯一の株式投資家となる。KKRによると、両投資家はAvantusに対し、成長を支援するため、株式コミットメントと合わせて総額約10億ドル(約1,513億円)の開発資金融資のコミットメントを確保している。

KKRは先週、ドイツの再生可能エネルギー・プラットフォームEncavisに対する30億ドル(約4,540億円)の買収提案を開始したほか、12月にはスコットランドを拠点とするエネルギー・電化ソリューション企業Smart Metering Systems(SMS)を17億ドル(約2,573億円)で買収、最近ではロンドンを拠点とする輸送用電化・蓄電池ソリューション・プロバイダーZenobēに7億5,000万ドル(約1,135億円)を投資するなど、エネルギー転換インフラに焦点を当てた一連の動きの中で、今回の買収は最新のものとなる。また、KKRは最近、インドのVirescent Infrastructure、アジアのAster Renewable Energy、長期間の高利回り太陽光発電投資を対象とするStellar Renewable Powerなど、一連のクリーン・エネルギー・プラットフォームを立ち上げた。

KKRは、取引終了後、アバンタスの全従業員が株式所有の特典に参加できるよう、株式所有プログラムの創設を支援すると述べた。

【参照ページ】
(参考記事)KKR acquires majority stake in US renewables developer Avantus

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る