マイクロソフト、EDP、ボルト・エナジーと15年間の「環境正義PPA」を締結

3月19日、EDPリニューアブルズ・ノース・アメリカ(EDPR NA)と少数民族所有の再生可能エネルギー開発会社ボルト・エナジー・ユーティリティーは、イリノイ州ジャージーヴィル近郊を拠点とする新しい太陽光発電プロジェクト、ヒッコリー・ソーラーパークの開発を開始するための新たなパートナーシップを発表した。

両社はまた、マイクロソフトが本プロジェクトから15年間にわたり電力と再生可能エネルギー・クレジット(REC)を購入することも発表した。

本契約は、マイクロソフトとボルト・エナジー社が開発した環境正義PPA(EJ PPA)形式を採用しており、環境不公正によって不釣り合いな影響を受け、クリーンエネルギー経済の恩恵の確保が遅れている農村部や都市部のコミュニティへのクリーンエネルギー投資に焦点を当てている。

両社によると、EJ PPAにより、ヒッコリーは、シェアリング・ザ・パワー財団が使命に沿ったプログラムに資金を管理できるよう、資金を拠出できるようになる。ボルトによって設立された同財団の使命は、クリーンエネルギー経済が生み出す機会の公平な分配を通じて、次世代の環境正義のリーダーを育成することである。

2023年、EDPR NAは、イリノイ州ブルーミントンに太陽光発電と風力発電の技術研修施設を開設し、またヒッコリーのプロジェクト管理と建設において、女性とマイノリティが経営する企業が指導的役割を果たすことを約束している。

ヒッコリーは、プロジェクトレベルのカーボンニュートラル誓約の一環として、上流の材料部品と現場での建設・操業の影響によって発生する排出量に比例したカーボンオフセットを購入し、償却する。

【参照ページ】
(原文)EDP Renewables North America and Volt Energy Utility Announce Solar Project with Microsoft Focused on Environmental Justice & Resiliency Building
(日本語参考訳)マイクロソフト、EDP、ボルト・エナジーと15年間の「環境正義PPA」を締結

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る