TotalEnergiesとENEOS、太陽光発電とSAF生産で提携

エネルギー企業TotalEnergiesとENEOS、太陽光発電と航空燃料で提携

4月13日、エネルギー企業のTotalEnergiesとENEOS株式会社は、アジア全域での分散型太陽光発電の開発に関する合弁契約の締結や、日本のENEOS製油所でのサステナブル航空燃料(SAF)生産の実現可能性の評価計画など、クリーンエネルギーを重視した一連のコラボレーションを発表した。 両社は、本プロジェクトに関連するSAFの原料調達および製造に関する調査を既に開始している。

また、ENEOS根岸製油所(横浜市)では、SAF生産の評価に関するフィージビリティスタディを共同で実施する予定だ。SAFは、航空業界が排出ガスに対処するための重要なツールで、日本では、国土交通省が2030年までにSAFの利用率を10%にする目標を掲げている。

【参照ページ】
(原文)TotalEnergies and ENEOS join forces to Develop B2B Solar Distributed Generation across Asia
(日本語訳)エネルギー企業TotalEnergiesとENEOS、太陽光発電と航空燃料で提携

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る