auエネルギーホールディングス、再生可能エネルギー発電事業を担う「auリニューアブルエナジー企画」設立

 

1月12日、KDDI傘下のauエネルギーホールディングスは、脱炭素社会への貢献を目的に再生可能エネルギー発電の事業化を目指し、「auリニューアブルエナジー企画」を設立した。本企画は、2023年度からの太陽光発電を中心とした再生可能エネルギー発電の事業化を目指す。

脱炭素社会の実現に向け、今後エネルギー関連の事業環境の変化が予見される中、2022年4月6日にKDDIは、事業環境の変化へ迅速に対応し、お客さまのニーズに即した機動的なサービスの提供を目指すことを目的にauエネルギーホールディングスを設立した。

本企画の事業内容は、再生可能エネルギー発電事業の企画である。日本国内の土地や、建物の屋上や屋根などに太陽光などの再生可能エネルギー発電設備を建設し、発電した電力は基地局・通信局舎・データセンターなどの自社設備へ直接供給することを含め検討する。

【参照ページ】
(原文)脱炭素社会へ貢献、再生可能エネルギー発電事業を担う「auリニューアブルエナジー企画」設立

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る