Siemensと80Acres、垂直農法の規模拡大に向け協業

Siemensと80Acres、垂直農法の規模拡大に向け協業

1月9日、Siemensは80 Acres Farmsとの協業を発表した。Siemens Financial Servicesの初期投資を受け、両社は農業界に革新的な技術を応用し、持続可能で健康的、かつ追跡可能で生産性の高い農業を促進するために提携する。

Siemensによる本格的な協業は、80Acresの農業施設とプロセスの最適化、自動化、制御を含むものである。Siemensは、同社の技術子会社であるInfinite Acresと協力して、同社独自のLoopプラットフォームの産業化と拡張をサポートする。Loopプラットフォームは、作物管理ソフトウェアとアルゴリズム、環境制御、ロボット工学、自動化を網羅する包括的なソリューションである。

Siemens Smart Infrastructureは配電設備を提供し、施設内のエネルギーおよびビル管理テクノロジーは、火災・生命安全、セキュリティ、配電システムのすべてを単一のインターフェースから監視できるよう支援する。Siemens Digital Industriesは、一連の高度な産業用オートメーション・テクノロジーとエッジデバイスを導入して生産ラインの自動化を支援し、エッジデバイスとヒューマンマシンインターフェースが農場の制御システムの監視と更新を行う。Siemens Digital Industries Softwareは現在、農場、植物の成長、生産プロセスをシミュレートするデジタルツインを開発し、多様な条件下での植物の成長を予測するとともに、将来の農場の成長と出荷を最適化するための研究を行っている。

【参照ページ】
(原文)Siemens and 80 Acres Collaborate to Scale Vertical Farming
(日本語参考訳)Siemensと80Acres、垂直農法の規模拡大に向け協業

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る