元ダノンCEO Emmanuel Faber氏、ISSBのリーダーに就任

12月16日、IFRS財団の評議委員会は、Emmanuel Faberを2022年1月1日付で国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)の議長に任命したことを発表した。

今回の任命は、11月のCOP26におけるISSBの創設、気候変動開示基準委員会と価値報告財団(統合報告フレームワークとSASB基準を所蔵)のIFRS財団への統合、技術準備作業部会が作成した一般開示と気候変動開示要求の試作品の公表についての発表に続くものである。

ISSBは、公益のために、IFRSサステナビリティ開示基準を開発し、投資家に高品質でグローバルに比較可能なサステナビリティ情報を提供するよう設計された開示要求事項のグローバルなベースラインを提供する予定である。この作業プログラムは、G20首脳によって歓迎され、世界中の市場規制当局、多国間機関、投資家及び企業の支持を得ている。

管理委員会は、近日中に残りのISSBメンバーの指名を募集し、代表性と専門的経験の多様性を確保するとともに、ISSBのグローバルリーダーシップチームを構築するための副委員長およびシニアスタッフの任命を発表する。

ISSBの最初のパブリックコンサルテーションは、一般開示要求基準案と気候変動開示基準案について意見を求めるもので、2022年の第1四半期に公表される予定である。提案される基準は、ISSBが既存の投資家向け持続可能性報告イニシアティブの作業を基に作成された技術準備作業部会からの勧告を基に作成される予定だ。

【参照ページ】
Emmanuel Faber appointed to lead the International Sustainability Standards Board

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る