イギリスとシンガポール、グリーン・エコノミー・フレームワーク覚書を締結

3月1日、英国とシンガポールは、二国間のグリーン・エコノミー・フレームワークを確立するための覚書(MoU)に調印した。英国・シンガポール・グリーンエコノミー・フレームワーク(UKSGEF)は、英国・シンガポール自由貿易協定(UKSFTA)およびデジタル経済協定(UKSDEA)に基づき、気候政策、経済政策、貿易政策の要素を組み合わせている。これにより、両国はパリ協定に沿った脱炭素化目標を達成し、エネルギー安全保障を強化するとともに、新規投資、雇用創出、輸出機会を通じてグリーン成長を促進することができる。

コラボレーションは、3つの主要な柱で行われる。

  1. グリーン輸送

i. グリーン輸送、デジタル輸送回廊を含む、海上輸送の脱炭素化対策。
ii. 持続可能な航空燃料、航空交通管理の改善、炭素クレジット、グリーン・エアポート・イニシアチブを含む、航空輸送の脱炭素化対策。
iii. 国際民間航空機関(ICAO)や国際海事機関(IMO)を通じた脱炭素化目標の達成など、国際会議や交渉における二国間・多国間の協力の継続。
iv. ゼロエミッション車と充電インフラに関する戦略と法的枠組み。

  1. 低炭素エネルギー技術

i. 低炭素水素技術の推進と、水素経済の成長を支援するための認証、基準、より広範な規制の開発。
ii. 炭素回収・利用・貯蔵(CCUS)の政策・規制・技術的側面、ベストプラクティスの共有、更なる議論と協力に向けた相互利益分野の特定。
iii. 系統連系、国境を越えた電力取引、エネルギー貯蔵システムやスマートグリッド技術など、系統の回復力と柔軟性を向上させるためのソリューションに関する政策、規制、技術的な側面。

  1. 持続可能な金融と炭素市場

i. 炭素市場の透明性を高め、統合性の高い国際炭素市場を通じて気候変動対策と野心を促進するために、二国間及び多国間イニシアティブ(能力開発プログラムを含む)を通じて協力する。
ii. シンガポール金融管理庁と英国財務省が共同議長を務める年次の英国・シンガポール金融対話の下で、持続可能な金融に関する協力を行う。

さらに、両国は、政府、学界、ビジネス・コミュニティ間の協力を支援する活動を模索する。これには、技術規制に関する情報交換や対話、基準策定や国際的に認知された基準の採用に関する協力、グリーン経済に関する適合性評価手続きの相互承認、ビジネスや共同イノベーションのための企業マッチング、中小企業のグリーン能力開発、学術・研究パートナーシップ、パイロットプロジェクト、アウトリーチやプロモーションといった活動が含まれる。

【参照ページ】
(原文)UK and Singapore Ink New Green Economy Framework, Bolstering Energy and Climate Collaboration
(日本語参考訳)英国とシンガポール、エネルギーと気候の協力関係を強化するグリーン・エコノミーの新枠組みを締結

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る