INEOS主導のコンソーシアム、炭素回収・貯留における画期的な成果を発表

 

3月8日、デンマークのFrederik皇太子殿下は、ベルギーからデンマーク領北海の枯渇した油田に二酸化炭素を安全に注入するという世界初の試みを正式に開始した。

「Project Greensand」は、ベルギーのINEOSオキサイドサイトで回収された二酸化炭素が国境を越えて輸送され、最終的にデンマーク北海のINEOSが運営するニニ油田に安全かつ永久に貯蔵されるという、二酸化炭素貯蔵の実現可能性を初めて示すものである。

デンマークのエスビエルではこの成果を祝う「First Carbon Storage」イベントが開催され、「Project Greensand」コンソーシアムのリードパートナーであるINEOSとWintershall Deaが主催した。

本プロジェクトは、2030年までに、この地域で年間最大800万トンのCO2を貯蔵することを目指すとともに、炭素貯蔵技術に関する理解と成長に大きく貢献し続ける。

欧州委員会は、EUが気候目標を達成するためには、2050年までに最大で年間3億トンのCO2を貯蔵する必要があると見積もっている。

本プロジェクトは、企業、学術機関、政府、新興企業など、炭素回収・貯留の専門知識を持つ23の組織からなるコンソーシアムである。エネルギー技術開発・実証プログラム(EUDP)を通じて、デンマーク国から支援を受けている。CCSは、デンマークの2045年ネット・ゼロ目標達成のためのキーテクノロジーとされている。

ニニ油田に注入されたCO2は、海底下約1,800mの深さに貯蔵され、今後、厳重に監視される。

【参照ページ】
(原文)INEOS led consortium announces breakthrough in carbon capture and storage
(日本語参考訳)

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る