再エネラウンド2、三つの海域において事業者が選定される

12月13日、経済産業省と国土交通省は、再エネ海域利用法に基づくラウンド2の一環として、「秋田県男鹿市、潟上市及び秋田市沖」「新潟県村上市及び胎内市沖」「長崎県西海市江島沖」の3つの海域において、事業者を選定した。これは、2022年1月に発表されたラウンド1に続くもので、それぞれの海域において事業者が選定されるのは2度目となる。ラウンド1では、三菱商事が全ての海域で選定されたことが注目された。

  1. 秋田県男鹿市、潟上市及び秋田市沖
    • 選定事業者: 男鹿・潟上・秋田Offshore Green Energyコンソーシアム(JERA、電源開発、伊藤忠商事、東北電力)
    • 設備容量: 315MW(ヴェスタス製15MW基が21基)
    • 運用開始予定: 2028年6月
    • 価格: 1kWh当たり3円
  2. 新潟県村上市及び胎内市沖
    • 選定事業者: 村上胎内洋上風力コンソーシアム(三井物産、RWE Offshore Wind Japan村上胎内、大阪ガス)
    • 設備容量: 684MW(GE製18MW基が38基)
    • 運用開始予定: 2029年6月
    • 価格: 1kWh当たり3円
  3. 長崎県西海市江島沖
    • 選定事業者: みらいえのしまコンソーシアム(住友商事と東京電力リニューアブルパワー)
    • 設備容量: 420MW(ヴェスタス製15MW基が28基)
    • 運用開始予定: 2029年8月
    • 価格: 1kWh当たり22.18円

これらのプロジェクトは、応札最低価格での入札で選定された。公募評価制度の見直しにより、ラウンド2からは非選定事業者名や事業実現性評価点の詳細も公表され、2024年3月には公表される予定である。

【参照ページ】
「秋田県男鹿市、潟上市及び秋田市沖」、「新潟県村上市及び胎内市沖」、「長崎県西海市江島沖」における洋上風力発電事業者の選定について

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る