テスコとハーパー・アダムス大学、持続可能な農業教育プログラムを開始

7月24日、英小売大手テスコとハーパー・アダムス大学の持続可能な食品・農業学部(SSFF)は、英国農家の持続可能な農業のスキル開発を支援するため、大規模な複数年プログラム「Future Farmer Programme」の開始を発表した。

英全国ヤング・ファーマーズ・クラブ・フェデレーションによると、若手農家はサステナビリティや環境などの分野でスキル不足を認識している。これに対し、Future Farmer Programmeは、75人の若手農家を対象に、持続可能な農業の実践方法や生物多様性の保護に関する対面およびオンライン・ライブ・トレーニングを提供する。

今後3年間、毎年実施される9ヶ月のコースには、事業運営や自己開発に関するイベントや指導セッションも含まれる。

10月のプログラム開始に先駆けて、さまざまな農業分野、さまざまな発展段階にある40歳未満の農業従事者に、プログラムへの応募が奨励される。

SSFFとのパートナーシップの一環として、テスコは、農業に影響を及ぼす持続可能性に関する主要な課題に取り組むことを目的とした研究プロジェクトにも資金を提供。最初の研究プロジェクトは、テスコの農業供給基盤の様々なセクターを結集し、輪作に関わる全ての関係者にとって環境的にも経済的にも持続可能な方法で土地を管理する方法を理解することを目指す。

【参照ページ】
Future farmers set to benefit from sustainability advice in new Tesco and Harper Adams University initiative

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る