フランスCCEP社、ホテル・レストラン・カフェ向けにリターナブルガラスボトルを導入

5月12日、フランスのコカ・コーラ・ユーロパシフィック・パートナーズ(CCEP)は、すべてのブランドにリターナブルガラスボトルを導入すると発表した。

CCEPは、ホテル・レストラン・カフェで販売する「フューズティー」「トロピコ」「スプライト」「ファンタ」「ミニッツメイド」ブランドを新たな汎用型の250mlリターナブルガラスボトルを導入。「コカ・コーラ オリジナル」、「コカ・コーラ ゼロ」、「コカ・コーラ チェリー」の330mlペットボトルに加え、従来からあるリターナブルガラス製ペットボトルを使用する。

2022年末までに、CCEPはノンアルコール飲料のサプライヤーとして初めて、ホテル、レストラン、カフェに飲料の100%をデポジット制で提供する予定である。本制度により、2022年には1,500万本以上の使い捨てのガラス瓶が製造されず、最大25回まで詰め替え可能な新しい瓶が採用され、エネルギーと原材料が節約が期待できる。

本ユニバーサルフォーマットにより、小売店や卸売業者はボトルの返品管理が容易になる。ボトルが空になると、専用の木箱に収納され、洗浄と再充填のために工場に回収される。

CCEPによると、バリューチェーンの総CO2排出量のうち、パッケージングが占める割合は43%であり、本プロジェクトは、フランスにおける当社のパッケージングの二酸化炭素排出量削減に向けた重要なマイルストーンであるという。

【参照ページ】
(原文)CCEP in France to distribute 100% of its packaged beverages in returnable glass bottles to hotels, restaurants and cafes
(日本語訳)フランスのCCEPは、パッケージ化された飲料の100%をリターナブルガラス瓶に入れてホテル、レストラン、カフェに配布します

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る