フランスCCEP社、ホテル・レストラン・カフェ向けにリターナブルガラスボトルを導入

5月12日、フランスのコカ・コーラ・ユーロパシフィック・パートナーズ(CCEP)は、すべてのブランドにリターナブルガラスボトルを導入すると発表した。

CCEPは、ホテル・レストラン・カフェで販売する「フューズティー」「トロピコ」「スプライト」「ファンタ」「ミニッツメイド」ブランドを新たな汎用型の250mlリターナブルガラスボトルを導入。「コカ・コーラ オリジナル」、「コカ・コーラ ゼロ」、「コカ・コーラ チェリー」の330mlペットボトルに加え、従来からあるリターナブルガラス製ペットボトルを使用する。

2022年末までに、CCEPはノンアルコール飲料のサプライヤーとして初めて、ホテル、レストラン、カフェに飲料の100%をデポジット制で提供する予定である。本制度により、2022年には1,500万本以上の使い捨てのガラス瓶が製造されず、最大25回まで詰め替え可能な新しい瓶が採用され、エネルギーと原材料が節約が期待できる。

本ユニバーサルフォーマットにより、小売店や卸売業者はボトルの返品管理が容易になる。ボトルが空になると、専用の木箱に収納され、洗浄と再充填のために工場に回収される。

CCEPによると、バリューチェーンの総CO2排出量のうち、パッケージングが占める割合は43%であり、本プロジェクトは、フランスにおける当社のパッケージングの二酸化炭素排出量削減に向けた重要なマイルストーンであるという。

【参照ページ】
(原文)CCEP in France to distribute 100% of its packaged beverages in returnable glass bottles to hotels, restaurants and cafes
(日本語訳)フランスのCCEPは、パッケージ化された飲料の100%をリターナブルガラス瓶に入れてホテル、レストラン、カフェに配布します

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る