CGF理事会、SSCIベンチマークを受けるようスキームオーナーに要請する声明を発表

5月10日、消費財フォーラム(CGF)理事会のCEOメンバーは、 関連するサプライチェーンのパートナーが2023年末までにCGF Sustainable Supply Chain Initiative(SSCI)ベンチマーク・プロセスを実施することを奨励する声明を発表した。

本声明は、第三者認証制度とプログラムが進化するグローバルサプライチェーンデューディリジェンス要件に適合することを保証することによって、より広い産業に利益をもたらすというCGF理事会の野望を強調するものである。この目標の達成は、サプライチェーン・パートナーがSSCI検証アプローチを採用することで現実のものとなりえる。

CGF Sustainable Supply Chain Initiative (SSCI)は、第三者による監査や認証プログラムをベンチマークし、業界の期待に応える制度を認定することで、世界中のサステナブル基準に対する信頼を構築している。SSCIは、認定プログラムのオープンソースのリストを提供することで、どのプログラムが主要なサステナビリティ基準をカバーし、関連する検証方法を適用しているかについての明確なガイダンスを提供する。SSCIは、市場の透明性を向上させ、受給者と供給者の両レベルで制度に関する意思決定を容易にし、業界の責任ある調達への期待を与えるものである。本イニシアティブは、当初は社会的コンプライアンスに焦点を当てるが、環境コンプライアンスに範囲を拡大する可能性がある。

CGF理事会によると、SSCIは市場の信頼を築き始めており、将来的には責任ある調達に不可欠な要素となることが期待されている。また、CGF会員とサプライチェーンのパートナーに、SSCIベンチマークを支持し、グローバルなサプライチェーンを通じて、信頼できる評価と信用を提供する業界を構築することを求めているという。

【参照ページ】
(原文)The Consumer Goods Forum Board Issues Statement Asking Scheme Owners to Undergo SSCI Benchmark
(日本語訳)CGF理事会、SSCIベンチマークを受けるようスキームオーナーに要請する声明を発表

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る