9月4日、サステナブル素材スタートアップPapticは、包装資材の開発と世界的な顧客へのサービス提供能力の拡大を目指し、2,300万ユーロ(約36億円)のエクイティファイナンスを実施したと発表した。

同社はまた、フィンランド気候基金から1,000万ユーロ(約16億円)の資本融資を受けたことも発表しており、調達資金は同社の発泡体ベースの製造技術の工業的スケールアップの開発に使用される。

2015年に設立されたフィンランド・エスポーに本拠を置くPapticは、プラスチックやその他の従来の包装材料に代わるものとして、木質繊維をベースとしたリサイクル可能な材料を開発・製造している。

プラスチックは現在、世界の軟包装市場の70%を占めており、その市場規模は年間2,000億ユーロ(約30兆円)と推定されている。同社によると、同社の素材はこれらの最終用途のほぼ半分でプラスチックに取って代わることができるという。

Papticによると、本資金調達は、2026年までに売上高1億ユーロ(約160億円)を達成し、2030年までにカーボンニュートラルを達成するという目標を支援するために使用される。同社は、欧州でのプレゼンス強化に集中する一方、アジアでの成長を加速させ、北米などの新市場での事業拡大の機会を探ることを目指すと述べた。

【参照ページ】
(原文)Paptic Ltd, a sustainable packaging materials innovator, raises EUR 23 million in financing to accelerate the development of packaging materials and scale up its ability to serve global customers
(日本語訳)サステナブル・パッケージのスタートアップPaptic、2,500万ドルを調達

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  2. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
  3. 2024-7-16

    ESMA、ESRSの新たなパブリックステートメントを発表

    7月5日 、欧州証券市場監督局(ESMA)は、欧州サステナビリティ報告基準(ESRS)の初回適用に…
ページ上部へ戻る