グリーン・エネルギー・インフラ・サービス・プロバイダーのNexus PMG、約69億円を調達

グリーン・エネルギー・インフラ・サービス・プロバイダーのNexus PMGが約69億円を調達

7月11日、廃棄物から価値を生み出し、低炭素インフラのアドバイザリーおよびサービスを提供するNexus PMGは、同社のサービスと開発努力の加速を目的とした成長株式ラウンドで5,000万ドル(約69億円)を調達したと発表した。

Nexus PMGは、持続可能な燃料、バイオマス、その他の廃棄物から価値を生み出す資産など、炭素強度を削減し、資源効率を高める低炭素インフラ・プロジェクトについて、エンド・ツー・エンドのプロジェクト・ファイナンス、開発、運営サービスを提供するほか、化学や航空などの難易度の高いセクター向けに、低炭素製品やカーボン・マイナス製品を生み出すグリーンフィールドおよびブラウンフィールド・プロジェクトを開発している。

現在までに、同社は13カ国で350億ドル(約4.8兆円)相当の低炭素インフラプロジェクトを支援してきた。

同社は、新たな資本調達により、フロントエンドエンジニアリングや設計、development-as-a-service、operational turnaroundなど、中核となるサービス提供の拡大を目指すとしている。

本資金調達ラウンドは、グリーンエネルギー投資マネージャーのGreenbacker Capital Managementの関連会社が主導し、オンタリオ州発電(OPG)年金基金とリバティ相互保険が参加した。

【参照ページ】
(原文)WASTE-TO-VALUE AND LOW-CARBON INFRASTRUCTURE LEADER NEXUS PMG RAISES $50 MILLION TO ACCELERATE ITS SERVICES AND DEVELOPMENT EFFORTS
(日本語参考訳)Waste-to-Valueと低炭素インフラのリーダーであるネクサスPMGが、サービスと開発努力を加速するために5000万ドルを調達

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る