グリーン・エネルギー・インフラ・サービス・プロバイダーのNexus PMG、約69億円を調達

グリーン・エネルギー・インフラ・サービス・プロバイダーのNexus PMGが約69億円を調達

7月11日、廃棄物から価値を生み出し、低炭素インフラのアドバイザリーおよびサービスを提供するNexus PMGは、同社のサービスと開発努力の加速を目的とした成長株式ラウンドで5,000万ドル(約69億円)を調達したと発表した。

Nexus PMGは、持続可能な燃料、バイオマス、その他の廃棄物から価値を生み出す資産など、炭素強度を削減し、資源効率を高める低炭素インフラ・プロジェクトについて、エンド・ツー・エンドのプロジェクト・ファイナンス、開発、運営サービスを提供するほか、化学や航空などの難易度の高いセクター向けに、低炭素製品やカーボン・マイナス製品を生み出すグリーンフィールドおよびブラウンフィールド・プロジェクトを開発している。

現在までに、同社は13カ国で350億ドル(約4.8兆円)相当の低炭素インフラプロジェクトを支援してきた。

同社は、新たな資本調達により、フロントエンドエンジニアリングや設計、development-as-a-service、operational turnaroundなど、中核となるサービス提供の拡大を目指すとしている。

本資金調達ラウンドは、グリーンエネルギー投資マネージャーのGreenbacker Capital Managementの関連会社が主導し、オンタリオ州発電(OPG)年金基金とリバティ相互保険が参加した。

【参照ページ】
(原文)WASTE-TO-VALUE AND LOW-CARBON INFRASTRUCTURE LEADER NEXUS PMG RAISES $50 MILLION TO ACCELERATE ITS SERVICES AND DEVELOPMENT EFFORTS
(日本語参考訳)Waste-to-Valueと低炭素インフラのリーダーであるネクサスPMGが、サービスと開発努力を加速するために5000万ドルを調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る