Boeing、航空機の脱炭素化ソリューションを評価するデータツールの一般公開を発表

Boeing、航空機の脱炭素化ソリューションを評価するデータツールの一般公開を発表

5月17日、航空宇宙大手のBoeingは、航空が気候に与える影響を解決するための技術やソリューションの評価を目的としたデータモデリングツール「Cascade」の一般公開を発表した。

航空業界は、温室効果ガス(GHG)排出の重要な原因として注目されており、世界の排出量の2~3%を占めている。同業界のフットプリントの大部分は燃料使用に由来する。

航空機産業の気候変動への影響に対処するための取り組みとして、航空機の効率向上、持続可能な航空燃料(SAF)の開発、電気や水素を利用した低炭素またはゼロ炭素推進システムを利用した航空機の開発などがあるが、これらの多くは開発の初期段階にとどまっている。

Boeingが7月に開催された2022年ファーンボロー航空ショーで発表した「Cascade」は、航空用代替エネルギー源の生産から流通、使用までのフルライフ・インパクトを調査・定量化するとともに、機体更新、運航効率、将来の航空機を含む施策の効果をモデル化するなど、航空の脱炭素化を目指すさまざまなソリューションの効果を明らかにする。

公開と同時に、Boeingは、カスケードが作成した評価から得られた重要な結果をいくつか発表した。その中には、現在の航空機に使用できることから、今後数年間はSAFが二酸化炭素排出量の削減に最も貢献することが明らかになった。また、電気や水素を動力源とする航空機は、開発期間が長く、空港やパイプラインなどの新しいインフラを導入する必要があるため、近中期的な影響は限定的であるとの分析結果も示された。

【参照ページ】
(原文)Boeing Publicly Launches “Cascade” to Support Aviation’s Net Zero Goal

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る