SMFG、気候変動への対応を強化

SMFG

3月29日、三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)は、気候変動への対応強化として、セクターポリシーの改訂を発表した。

まず、運輸・自動車セクターと鉄鋼セクター向けの温室効果ガス排出削減に関する中間目標を設定した。運輸・自動車セクターでは、2030年までに1km当たり161g-CO2eを達成し、1.5℃水準の120g-CO2eを目指すことを明示した。同様に、鉄鋼セクターでも2030年までに1.8t-CO2を達成し、1.5℃水準の1.2t-CO2を目指すことを目標とした。これにはアジア地域の特性を考慮し、ゆとりを持たせた基準が設定された。

さらに、セクターポリシーでは2040年を超える石炭火力発電所向けのファイナンスを禁止したが、脱炭素社会への移行に資する取り組みは除外されている。同様に、OECD諸国と非OECD諸国における一般炭採掘事業者へのファイナンスも2040年を超えるものは禁止されているが、転換に資する取り組みは除外されている。

バイオマス発電については、特定の条件を満たさない場合にはファイナンスが禁止されるとした。また、児童労働や強制労働を引き起こす事業に対するファイナンスも禁止された。

さらに、三井住友銀行では、2024年度から「環境社会審査」を導入し、気候変動や生物多様性、人権、地域社会などの観点でデュデリジェンスを行うことを発表した。また、自然資本経営推進分析融資の取り扱いも開始し、自然資本に関する状況を診断し、助言を提供することも発表した。さらに、神奈川県伊勢原市日向地区の森林を取得し、「SMBCの森」として活用する計画も発表された。

これらの取り組みにより、SMFGは気候変動への積極的な取り組みを示している。

【参照ページ】
サステナビリティへの取組強化について

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る