日産、ブルーボトルコーヒーとコラボレートし、移動型店舗を期間限定オープン

日産、ブルーボトルコーヒーとコラボレートし、移動型店舗を期間限定オープン

10月6日、日産自動車株式会社は、サステナビリティを信念の一つに掲げ、おいしさを徹底的に追及したコーヒーを提供する「ブルーボトルコーヒー」と初めてコラボレートし、移動型店舗「SAKURA COFFEE」を2022年10月19日から10月31日までの期間限定でオープンすることを発表した。

「SAKURA COFFEE」は、「環境にやさしい未来のコーヒーショップ」をテーマに、新型軽のEV「日産サクラ」による移動型店舗で、環境に徹底的に配慮した新たなコーヒー体験を提供するという。移動型店舗は、ブルーボトルコーヒー渋谷カフェからスタートし、東京ドイツ村にて展開する予定である。

両社は今回の移動型店舗で、100%電気で走り、CO2を出さない軽のEV「日産サクラ」から一部電力をまかなう店舗設計となっており、ブルーボトルコーヒーと共同開発したサステナブルな限定フードなど、環境に徹底的に配慮した、自然と共生するコーヒーショップを提案する。

【参考ページ】
脱炭素社会の実現に向けて日産が「ブルーボトルコーヒー」と初のコラボレーション、軽のEV「日産サクラ」によるサステナブルな移動型店舗「SAKURA COFFEE」オープン

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-11-29

    目指すは建設業界の人的資本の最大化。助太刀が推進するESG・サステナビリティ経営

    2022年10月、建設業界向けマッチングプラットフォーム「助太刀」を運営する株式会社 助太刀は、「…
  2. 2022-11-28

    SACとファッション産業気候行動憲章、スコープ3測定のためのガイダンス発行

    11月8日、アパレル業界の国際サステナビリティ団体Sustainable Apparel Coal…
  3. 2022-11-28

    ネスレ、食糧安全保障と気候変動への耐性強化でアフリカ・フード・プライズと提携

    11月9日、ネスレは、アフリカ農業の変革に向けた取り組みを支援するため、アフリカ・フード・プライズ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る