CTC、脱炭素やGX実現を支援する材料解析シミュレーションサービスの提供開始を発表

CTC、脱炭素やGX実現を支援する材料解析シミュレーションサービスの提供開始を発表

10月12日、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、マテリアルズ・インフォマティクスによる、カーボンニュートラルの実現やグリーントランスフォーメーション(GX)につながる材料解析シミュレーションサービスの提供開始を発表した。

本サービスは、水素(H2)と二酸化炭素(CO2)から、天然ガスの主な成分であるメタン(CH4)を合成する「メタネーション」に関連するシミュレーションと、工場の生産工程における材料の端材をリサイクルして、使用材料の削減やCO2削減につながるコンサルティングサービスである。鉄鋼製造業や、一般製造業、ガスを中心としたエネルギー分野の企業を中心にサービス展開し、3年間で30社へのサービスを目指すという。

本サービスは、8月に体系化したGXソリューションの一環であり、メタネーションのサービスは「GHGプロトコル」に基づくScope 1の「脱炭素燃料の技術開発」、端材のリサイクルはScope3の「材料リサイクル・燃料バリューチェーン」に対応したソリューションであるという。

同社は、今回蓄積したノウハウを活用し新たにGXソリューションとして本サービスを開発したという。今後も、モデリングや予測の機能について性能の更なる向上を図ると共に、マテリアルズ・インフォマティクスを活用した材料開発を通してカーボンニュートラルを含めた社会課題の解決に貢献していくという。

【参照ページ】
カーボンニュートラルの実現に向けたメタネーションのシミュレーションサービスを開発

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-11-29

    目指すは建設業界の人的資本の最大化。助太刀が推進するESG・サステナビリティ経営

    2022年10月、建設業界向けマッチングプラットフォーム「助太刀」を運営する株式会社 助太刀は、「…
  2. 2022-11-28

    SACとファッション産業気候行動憲章、スコープ3測定のためのガイダンス発行

    11月8日、アパレル業界の国際サステナビリティ団体Sustainable Apparel Coal…
  3. 2022-11-28

    ネスレ、食糧安全保障と気候変動への耐性強化でアフリカ・フード・プライズと提携

    11月9日、ネスレは、アフリカ農業の変革に向けた取り組みを支援するため、アフリカ・フード・プライズ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る