Rio Tinto傘下のELYSIS、カーボンフリーのアルミニウム製造に成功

Rio Tinto傘下のELYSIS、カーボンフリーのアルミニウム製造に成功


11月4日、 Rio Tinto傘下のELYSISは、カナダのサグネ(QC)にある産業研究開発センターで、温室効果ガスを直接排出しないアルミニウムの製造に成功した。

ELYSIS Industrial Research and Development Centerでのアルミニウムの製造は、現在業界で稼働している小型の製錬セルと同等のサイズで、完全な工業デザインを使用するという重要なマイルストーンを達成したことになる。

現在、ELYSIS技術のスケールアップを加速させ、2023年にさらに大型の商業用セルの実証を目指している。リオティント社のアルマ製錬所の既存のポットラインの末端に、これらのプロトタイプセルの建設が順調に進んでいる。ELYSISは2024年に技術を導入し、その約2年後にはカーボンフリーのアルミニウムを大量に生産することを目指している。

またELYSISは、この技術の商業化に向けて、サプライチェーンの拡大に向けた詳細な計画を開始している。2022年、 ELYSIS は、不活性陽極、ゼロカーボン製錬プロセスの基礎となる画期的な独自材料を生産できる施設の設計とエンジニアリングを開始する。

【参照ページ】
(原文)Carbon free aluminium smelting a step closer: ELYSIS advances commercial demonstration and operates at industrial scale
(日本語訳)ELYSIS、商業実証を進め、カーボンフリーのアルミニウム製錬に一歩近づく

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る