Woolworths、持続可能な社会に向け、使い捨てプラスチック製品の販売を中止

Woolworths、持続可能な社会に向け、使い捨てプラスチック製品の販売を中止

11月17日、オーストラリアのスーパーマーケットと食料品店のチェーン店であるWoolworthsは年間約210万キログラムのプラスチックを削減するために、全国の使い捨てのプラスチック製カトラリー、カップ、ボウル、プレートの販売中止を発表した。オーストラリアでは、毎年約130,000トンのプラスチック廃棄物が海洋環境に流出しており、Woolworthsはこれらのプラスチック廃棄物やごみの削減に貢献するため、これらの商品の販売を中止した。

Woolworthsは使い捨てプラスチック製品の代替として、サトウキビのパルプから作られたボウルやプレート、木製のカトラリー、紙製のカップやプレートなど、より持続可能なピクニックウェアのラインナップを用意した。このシリーズの紙製品と木製製品はすべて、持続可能な森林管理のためのFSC認証を受けている。このシリーズには、50種類以上の新製品と、子供用やパーティー用のデザインが含まれており、あらゆる場面でより持続可能な選択肢を提供する。

Woolworthsは、南オーストラリア州、ACT、クイーンズランド州のスーパーマーケットで、今年3月から9月までの間に使い捨てプラスチック製ピクニック用品を撤去するなど、ここ数ヶ月でプラスチック製ピクニック用品の段階的な削減を進めてきた。

Woolworths社は今後もプラスチックを減らし、製品の持続可能性を高めるために、事業全体で取り組んでいいく。また、2023年末までに、自社ブランドのパッケージを100%リサイクル可能、堆肥化可能、再利用可能にすることを約束している。

【参照ページ】
(原文)Woolworths continues to grow greener, removing single-use plastic picnicware from stores nationwide
(日本語訳)Woolworths、持続可能な社会に向け、使い捨てプラスチック製品の販売を中止

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る