シティ、S&P / オリバー・ワイマンのソリューションを気候変動ストレステストとESGレポーティングに活用

シティ、S&P / オリバー・ワイマンのソリューションを気候変動ストレステストとESGレポーティングに活用

シティ、S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンス、および経営コンサルティング会社のオリバー・ワイマンは、低炭素経済への移行による信用リスクへの影響を評価・報告するために、シティがS&Pグローバル/オリバー・ワイマンの「クライメイト・クレジット・アナリティクス」ソリューションを採用したことを発表した。

シティによると、今回の契約の主な目的は、気候関連のストレステストの実施をサポートする。ECB・Bank of England・Monetary Authority of Singaporeなど、世界の複数の規制当局は気候関連のストレステストを直近開始した。これは、物理的気候リスクおよび移行気候リスクに対する金融システムの最大手銀行のエクスポージャーの評価を目的としている。

シティ・グローバル・データ・インサイト部門の責任者であるリチャード・ウェブリー氏によると、このソリューションは、企業の情報開示のために正確な気候データを求めるニーズの高まりに応えるのにも役立つという。

S&P Global MIとオリバー・ワイマンは、金融機関や企業が気候変動が取引先や投資先の信用力にどのような影響を与えるかを評価できるようにすることを目的として、2021年6月にClimate Credit Analyticsを発表した。このソリューションは、世界経済のすべての非金融セクターに属する160万社以上の企業をカバーしており、航空会社、自動車製造、石油・ガス、発電などの排出量の多いセクターに特化したモデルも含まれている。

【参照ページ】
(原文)Citi Selects S&P Global and Oliver Wyman’s Climate Credit Analytics for Enhanced Global Climate Stress-Testing and ESG Reporting Initiatives
(日本語訳)シティ、S&P / オリバー・ワイマンのソリューションを気候変動ストレステストとESGレポーティングに活用

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る