GeoPura、約60億円を調達 GMと Barclaysが支援

 

2月21日、グリーン水素発電のプロバイダーであるGeoPuraは、General Motorsの投資部門であるGM Venturesが主導し、Barclays Sustainable Impact Capitalが共同主導する投資ラウンドで、3600万ポンド(約58億円)を調達したことを発表した。本投資により、GeoPuraは、化石燃料に代わるグリーン水素発電を様々な分野で提供する事業を拡大することができる。本ラウンドに参加する追加投資家には、SWEN CPとSiemens Energy Venturesが含まれる。

2019年に設立されたGeoPuraは、仮設サイトでの電力、長期バックアップ、オフグリッド電力、既存のグリッドを補強するエネルギー供給を必要とするユーザーにクリーンエネルギーを供給している。同社は、産業用水素燃料電池をベースにシーメンス・エナジーと共同開発した水素パワーユニット(HPU)を提供している。

水素は、クリーンなエネルギーへの移行において重要な構成要素のひとつと考えられている。特に、風力や太陽光などの再生可能エネルギーによる解決策が現実的ではない、排出量の削減が困難な分野では、水素が必要とされている。

しかし、宇宙で最も豊富な元素であるにもかかわらず、地球上に純粋な水素の鉱床はなく、他の物質から水素を抽出する必要がある。年間約9,000万トンの水素が生産されており、主に天然ガスから水蒸気メタン改質により取り出している。この抽出プロセスでは、しばしば汚染物質やGHGが排出される。再生可能エネルギーを利用した電気分解プロセスで水から水素を抽出するグリーン水素のようなクリーンな抽出プロセスを開発するためには、多大な投資が必要である。

GeoPuraは、当初、建設、インフラ、屋外イベント、バックアップ電源など、ディーゼルの使用が最も多い分野をターゲットにしており、また、地域の電力ネットワークが利用できない商用EV充電用のソリューションも提供すると述べている。同社の水素発電の顧客には、Balfour Beatty、HS2、National Grid、BBCなどがある。

同社によると、本投資によりSiemens Energyと共同でHPUを量産し、燃料となるグリーン水素の生産量を増やすことで、本技術の世界展開をサポートすることが可能になるという。また、同社は、小型および大型の電力要件に対応する新製品の市場投入も目指している。

【参照ページ】
(原文)Giants of industry, manufacturing and finance back UK green hydrogen pioneer GeoPura with £36m investment
(日本語参考訳)GeoPura、4400万ドルを調達 GMと Barclaysが支援

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る