ブルーエコノミー特化ファンドOcean 14 Capital、2億100万ユーロ調達

5月9日、ブルーエコノミー特化ファンド、Ocean 14 Capital Fund Iは、海洋の健全性を向上させるための持続可能な方策に資金を提供するため、2億100万ユーロ(約342億円)の資金調達を完了したと発表した。ブルーエコノミーとは、持続可能な海洋利用と経済発展を両立させるという活動のことをいう。

当ファンドは、国連のSDGs目標14「海の豊かさを守ろう」を指針として、水産養殖・代替タンパク質・プラスチック廃棄物汚染の削減・生態系と海洋生物の保護・乱獲の撲滅といったアイデアを持つ起業家や企業に投資すると示している。

【参照ページ】
(原文)Ocean 14 Capital Fund I reaches hard cap of €200 million providing transformative investment into the global ‘Blue Economy’
(日本語参考訳)オーシャン 14 キャピタル ファンド I がハードキャップの 2 億ユーロに達し、世界的な「ブルー エコノミー」への革新的な投資を提供

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る