WEF、「Global Gender Gap Report 2022」を発表

7月13日、世界経済フォーラム(WEF)は各国のジェンダーギャップ(男女格差)を分析した報告書「Global Gender Gap Report 2022」を発表した。146カ国のうち、日本は116位(スコア : 0.650)で、G7とアジア・太平洋地域のうち最下位だった。

Gender Gap Indexは、4つの主要な次元(経済的参加と機会、教育達成、健康と生存、政治的エンパワーメント)におけるジェンダー平等の現状と発展をベンチマークしている。2006年の開始以来、格差の解消に向けた進捗を長期にわたって追跡している最も長い歴史を持つ指標である。

Gender Gap Index は10から100のスケールでスコアを測定する。スコアは、平等への距離として解釈することができる。各国間の比較は、ジェンダーギャップを解消するための最も効果的な政策の特定を支援することを目的としている。

上位10ヵ国の順位とスコアは以下の通りである。

1.アイスランド 0.908
2.フィンランド 0.860
3.ノルウェー 0.841
4.ニュージーランド 0.841
5.スウェーデン 0.822
6.ルワンダ 0.811
7.ニカラグア 0.810
8.ナミビア 0.807
9.アイルランド 0.804
10.ドイツ 0.801

【参照ページ】
Global Gender Gap Report 2022

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る