Vanguard、初のインパクト・ファンドを開始

7月18日、世界最大級の投資運用会社であるVanguardは、初のアクティブ運用の株式インパクトファンドである「Vanguard Baillie Gifford Global Positive Impact Stock Fund」の提供開始を発表した。本ファンドは、幅広い市場をアウトパフォームし、かつポジティブな変化をもたらす可能性を持つ企業への投資を希望する顧客向けのファンドである。

今年初めに提案された本ファンドは、「Baillie Gifford Positive Change Equities Fund」を非課税で再編成することで組成された。2017年に開始された「Baillie Gifford Fund」は、社会的包摂、教育、環境、資源ニーズ、ヘルスケア、生活の質、世界の最貧困層のニーズへの対応など、ポジティブな社会変革領域を実現できるグローバルな高品質成長企業に投資している。

新ファンドは、引き続きBaillie Giffordのファンダメンタル株式リサーチとインパクト分析に依存し、グローバルな課題解決を推進する質の高い成長企業を特定するための当社のフレームワークを活用する。また、Baillie Giffordは、このファンドのインパクトレポートを毎年提供する予定だ。

本インパクト・ファンドの発売により、VanguardのESG投資商品は、除外審査を行った株式・債券ETFや、当社初のアクティブESG投資信託であるVanguard Global ESGセレクト株式ファンドなど6商品に拡大される。

【参照ページ】
(原文)Vanguard Opens Global Positive Impact Stock Fund
(日本語訳)Vanguard、初のインパクト・ファンドをローンチ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る