Natixis、再生可能エネルギープロジェクトの資金調達を支援するグリーンデビット商品を発売

7月18日、グローバルな金融機関であるNatixis Corporate & Investment Banking (Natixis CIB)とNatixis Wealth Managementは、再生可能エネルギープロジェクトへの融資を通じて環境移行を支援する機能を顧客に提供する新しいグリーン債権商品、「Opportunité Juin 2022」を開始することを発表した。

新商品に投資された資金は、適格性と追跡可能性の基準を満たす太陽光発電所や水力発電所プロジェクト、風力タービン、バイオマス開発への融資や借り換えに利用される予定だ。

「Opportunité Juin 2022」は、Natixisが投資した証券総額の0.2%を生物医学研究センター(パスツール研究所)に寄付するという慈善事業的な側面も持っている。

本商品は、生命保険契約、養老保険契約、証券口座に適用され、従来のダイナミック・エクイティ商品に代わる投資先を提供するものである。「Opportunité Juin 2022」は、CAC Large 60 Equal Weight Excess Return を通じて、フランス株式市場のパフォーマンスに連動する。

【参照ページ】
(原文)Natixis Corporate & Investment Banking and Natixis Wealth Management launch a green debt instrument and support the Institut Pasteur’s Explore program
(日本語訳)Natixis、再生可能エネルギープロジェクトの資金調達を支援するグリーンデビット商品を発売

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る