英国政府、ウェールズの潮力発電への投資を発表

11月26日、英国政府は、再生可能エネルギーのオークションスキームの一環として、英国全体で年間2,000万ポンド(約30億円)の潮力発電への投資を発表した。

今回の予算は、英国政府が固定価格買取制度(FIT)に変わる形で導入した差分契約制度(CfD)の

第4回ラウンドの中に盛り込む形で資金拠出される。年間2,000万ポンドを「Tidal Stream projects」のために確保し、ウェールズの海洋エネルギー部門に、技術開発とコスト削減の機会を与えることになる。第4回ラウンド全体の支給額は2億8,500万ポンド(約370億)となる見込みである。

潮力発電は、潮の満ち引きが時計のように正確に予測できるため、非常に信頼性の高い発電源となる可能性がある。ウェールズの低炭素エネルギーミックスに潮力発電を取り入れることで、需要と供給のマッチングが容易になる。また、化石燃料への依存度や世界的なガス価格の変動へのリスクを軽減するために、自国で開発された強力な再生可能エネルギー部門を構築するという英国政府のコミットメントにもつながる。

今回の投資により、ウェールズの潮力発電は不安定な化石燃料への依存度を減らすことにつながり、次世代の再生可能エネルギー発電プロジェクトの重要な一翼を担うことになる。

【参照ページ】
(原文)UK Government announces biggest investment into Welsh tidal power
(日本語訳)英国政府がウェールズの潮力発電への投資を発表

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る