Sustainable Apparel Coalition、アパレル業界全体でSBTの導入と排出量削減を推進する「脱炭素化プログラム」を開始

12月8日、アパレル業界の国際サステナビリティ団体Sustainable Apparel Coalition(SAC)は、新しい「脱炭素化プログラム」を開始した。本プログラムは、アパレル業界が1.5℃目標を達成するために必要な、2030年までの45%の絶対量削減を目指す。

本プログラムは、アパレル・フットウェア業界の約半数を占めるSACの会員企業および業界全体に対して、協力的なアプローチで行動を促すものである。脱炭素化プログラムの一環として、SACの企業メンバーは2023年から科学的根拠に基づく目標(SBT)をコミットし、設定することが要求される。

また、世界資源研究所(WRI)とアパレル影響研究所(AII)の調査と、SACの一連のツールであるHigg IndexとTextile Exchangeのデータを用い、業界との協議により、メンバーが共同で変化を促進し持続可能な影響を生み出すことができる、最もインパクトのある6分野が特定された。

  • 材料効率の最大化:デザイン、材料の使用、製造方法を通じて、廃棄される繊維や材料の量を削減する
  • 持続可能な素材と手法の拡大:より持続可能な素材と手法の使用を拡大する
  • 革新的な素材の開発を加速:繊維のリサイクルやバイオベース素材など、次世代素材への投資を拡大する
  • エネルギー効率の向上:すべての製造施設においてエネルギー効率を優先させる
  • 製造現場からの石炭撲滅:すべての製造現場において石炭を再生可能エネルギーに置き換える
  • 再生可能エネルギー100%へのシフト:再生可能エネルギーソリューションの展開

さらに、SACはベストプラクティス共有のためのウェビナーやピアツーピアの学習セッションを複数回実施し、今後数ヶ月のうちに段階的なSBTガイダンスを発行する予定である。今後は、SBT採用の進捗状況の追跡・報告、再生可能エネルギーオプションの採用促進、石炭代替、エネルギー効率化プロジェクトの普及などのスケーリングソリューションによるGHG排出量削減の追跡・報告などの開発を進めていく。

【参照ページ】
(原文)The Sustainable Apparel Coalition launches Decarbonization Program to drive SBT adoption and reduction in emissions across the fashion industry
(日本語参考訳)Sustainable Apparel Coalition、アパレル業界全体でSBTの導入と排出量削減を推進する「脱炭素化プログラム」を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る