イーライリリーとEVA Pharma、アフリカにおけるインスリンへのアクセス強化に向けて提携

12月14日、医薬品世界大手イーライリリー・アンド・カンパニーとエジプト医薬品大手EVA Pharmaは、アフリカを中心とする低・中所得国(LMICs)の1型および2型糖尿病患者少なくとも100万人に、高品質で安価なヒト型およびアナログ型インスリンを持続的に供給するための提携を発表した。

本提携は、イーライリリーの「Lilly 30×30」イニシアティブの一環として行われ、資源の乏しい環境に暮らす人々が質の高い医療を受けられるようにするため、2030年までに年間3,000万人の医療アクセスの改善を目指す。

今回の提携により、イーライリリーは、インスリンの原薬をエバファーマに大幅な低価格で供給する。また、同社は、EVA Pharmaがインスリンバイアルおよびカートリッジの製剤化、充填、仕上げを行うための技術移転を無償で行う。また、EVA Pharmaは、1年半以内にアフリカ製のインスリン製剤の販売を開始し、2030年までに年間100万人の人々に提供することを目指します。

WHOは2021年に、糖尿病の予防と管理のための効果的なプログラムを実施する国々を支援するグローバルな取り組みである「グローバル糖尿病コンパクト」を設立した。その理念のひとつに、糖尿病とともに生きる人々の生活を向上させる製品へのアクセスを拡大するための民間セクターとの連携が含まれている。IDF Diabetes Atlasによると、アフリカの糖尿病患者の総数は2045年までに129%増加し、5,500万人に達すると予想されている。

イーライリリーは、EVA Pharmaの製品が、安全性、品質、有効性の世界的なシンボルとなっているWHOの事前承認のために設定された高品質の基準を満たすように協力していく。

【参照ページ】
(原文)Lilly and EVA Pharma Announce Collaboration to Enhance Sustainable Access to Affordable Insulin in Africa

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る