Schaeffler、Lhyfeと水素製造プラント建設で提携

12月16日、自動車・産業機器サプライヤーSchaefflerは、仏水素製造会社Lhyfeと、グリーン水素の製造および購入に関する意向確認書(LOI)に調印した。

Lhyfeは、モビリティおよび産業用アプリケーション向けのグリーン水素を製造・供給している。同社は、ドイツのヘルツォーゲンアウラッハにあるSchaefflerの敷地内に、最大15MWの電解プラントを建設し、運営する予定である。2025年以降、本プラントは、同工場やその他の地域の顧客に、毎日約3.7トンのグリーン水素を供給するという。

Schaefflerは、この再生可能エネルギーへの転換と、電解プラントからの廃熱をヘルツォーゲンアウラッハの熱供給源として利用することで、CO2排出量の大幅な削減が期待できると考えている。さらに、高効率の電解プラントは、Schaefflerの他の拠点だけでなく、自治体や水素充填ステーションなど、より広い地域の潜在的な顧客にもグリーン水素を供給する予定である。グリーン水素の購入に加え、Schaefflerの電気分解スタックの利用を促進するための技術提携も、本契約の一部となっている。

【参照ページ】
(原文)Schaeffler concludes partnership with hydrogen producer Lhyfe
(日本語参考訳)Schaeffler、Lhyfeと水素製造プラント建設で提携

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る