Schaeffler、Lhyfeと水素製造プラント建設で提携

12月16日、自動車・産業機器サプライヤーSchaefflerは、仏水素製造会社Lhyfeと、グリーン水素の製造および購入に関する意向確認書(LOI)に調印した。

Lhyfeは、モビリティおよび産業用アプリケーション向けのグリーン水素を製造・供給している。同社は、ドイツのヘルツォーゲンアウラッハにあるSchaefflerの敷地内に、最大15MWの電解プラントを建設し、運営する予定である。2025年以降、本プラントは、同工場やその他の地域の顧客に、毎日約3.7トンのグリーン水素を供給するという。

Schaefflerは、この再生可能エネルギーへの転換と、電解プラントからの廃熱をヘルツォーゲンアウラッハの熱供給源として利用することで、CO2排出量の大幅な削減が期待できると考えている。さらに、高効率の電解プラントは、Schaefflerの他の拠点だけでなく、自治体や水素充填ステーションなど、より広い地域の潜在的な顧客にもグリーン水素を供給する予定である。グリーン水素の購入に加え、Schaefflerの電気分解スタックの利用を促進するための技術提携も、本契約の一部となっている。

【参照ページ】
(原文)Schaeffler concludes partnership with hydrogen producer Lhyfe
(日本語参考訳)Schaeffler、Lhyfeと水素製造プラント建設で提携

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る