abrdn、アジアの旗艦ファンドをサステナブルな投資商品へ移行

7月18日、英国に本拠を置く投資会社abrdnは、同社の旗艦ファンドであるアジア太平洋株式ファンドを含む 3 本の SICAVファンドを、サステナブルファイナンス情報開示規則の第 8 条(環境または社会の特性を促進する商品)に分類されるサステナブル投資商品に移行することを発表した。

同社の運用資産額20億ドル(約2,700億円)の「アジア太平洋株式ファンド」は、「アジア太平洋サステナブル株式ファンド」に名称を変更する。さらに、「北米小型株ファンド」と「グローバル・イノベーション株式ファンド」も8月に転換する予定だ。今年初め、abrdnは24のSICAV株式・債券ファンドをSFDRに基づくArticle 8に変換した。

abrdnによると、ファンドの移行は、当社のサステナブルな投資プロセスを強化するものである。更新されたフレームワークには、スクリーニング・プロセスの拡大、ESG評価の低い企業の投資対象からの除外、各ファンドの低炭素化および特定のESG目標の設定が含まれている。

【参照ページ】
(原文)3 SICAV funds to convert to Article 8 as part of phase two of abrdn’s sustainable product expansion
(日本語訳)abrdn、アジアの旗艦ファンドを持続可能な投資商品へ移行

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る