Microsoft、Alaska Airlines、Twelve、SAFの利用促進に向け提携

Microsoft、Alaska Airlines、Twelve、SAFの利用促進に向け提携

7月15日、Microsoft、Alaska Airlines、および炭素変換企業のTwelveは、回収したCO2を原料とする持続可能な航空燃料(SAF)の製造と利用の促進を目的とした新しい協力関係を発表した。

Twelveは、回収したCO2を水と再生可能エネルギーを入力とし、水と酸素だけを出力とする炭素変換技術により、化石燃料ではなく炭素から化学品、材料、燃料を製造している。今月初め、同社は技術を進化させるために1億3,000万ドル(約178億円)を調達し、Microsoft Climate Innovation Fundが投資家の一人として名を連ねている。

航空輸送は、温室効果ガス(GHG)排出の大きな要因として近年ますます注目されており、世界のGHG排出の2%を占めると推定されている。SAFは、従来のジェット燃料と比較してライフサイクルでの炭素排出量が大幅に少ないことから、市場関係者は、航空業界が気候変動への影響に対処するための重要な手段の一つであると見ている。SAFは一般的に、化石燃料からではなく、廃油や農業残渣などの持続可能な資源から、あるいは大気中の炭素を回収して製造される。

本提携により3社は、Twelveの炭素変換技術を利用したPower to Liquidsプロセスで製造される低炭素ジェット燃料「E-Jet」の製造と利用の加速を目指す。また、E-Jetを使ったデモフライトや、 Microsoft のアラスカでの出張の一部に対応するための燃料供給にも取り組んでいく予定である。

本提携は、2020年10月に Microsoft と Alaska Airlines が開始した、SAFの利用による Microsoft 社員の出張航空券の環境負荷低減を目的とした提携に続くものである。

【参照ページ】
(原文)Alaska Airlines, Microsoft and Twelve partner to advance new form of sustainable aviation fuel 
(日本語訳)Microsoft、Alaska Airlines、Twelve、SAFの利用促進に向け提携

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る