EU理事会、市場データの透明性を強化する新規則を採択

1月20日、EU理事会は、投資家が金融商品に投資するために必要な市場データへのアクセスを改善し、EUの資本市場の国際競争力を高め、公平な競争環境を確保することを目的とした、EUの取引規則の変更を採択した。

今回の変更は、金融商品市場規制(MiFIR)と第二次金融商品市場指令(MiFID Ⅱ)に関するもので、EU域内の投資サービスおよび金融市場活動を規制する。新規則の主な目的は、EUレベルで連結市場データを容易に入手できるようにし、投資家に権限を与えることである。

現在、取引データは証券取引所や投資銀行など複数のプラットフォームに分散しており、投資家が意思決定に必要な正確で最新の情報にアクセスすることを困難にしている。採択された規則は、EU域内のプラットフォームから提供される市場データを統合し、さまざまな種類の資産に関する集中データフィードを確立する。これにより、投資家はEU全域の最新の取引情報にアクセスできるようになる。

新規則はまた、ブローカーが顧客の注文を特定の取引プラッ トフォームに転送することで報酬を受け取る「ペイメント・フォー・ オーダー・フロー(PFOF)」を全面的に禁止する。PFOFの慣行がすでに存在する加盟国は、PFOFがその加盟国内の顧客にのみ提供されることを条件に、暫定的に禁止が免除される。ただし、この慣行は2026年6月30日までに段階的に廃止しなければならない。

【参照ページ】
MiFIR and MiFID II: Council adopts new rules to strengthen market data transparency

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る