グーグル、今後12カ月で約52億円の炭素除去クレジットを約束

グーグル、今後12カ月で約52億円の炭素除去クレジットを約束

3月14日、グーグルは、米国エネルギー省(DOE)のイニシアティブの一環として、今後12ヶ月間に少なくとも3,500万ドル(約52億円)の炭素除去クレジットを契約する新たなコミットメントを発表した。

2022年に発表された気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の画期的な気候変動緩和研究によると、温暖化を1.5℃に抑えるシナリオには、今後数十年にわたって年間数十億トンにまで拡大する二酸化炭素除去方法が含まれている。しかし、同報告書では二酸化炭素を回収・貯蔵する既存の解決策は複数存在するものの、そのほとんどが初期段階にあり、現在のところ規模が限定的であることも指摘している。

DOEは2021年にカーボン・ネガティブ・ショットを立ち上げ、CO2除去経路の技術革新を支援し、2032年までにCO2純トン当たり100ドル以下でギガトン規模のCO2回収・貯留を可能にすることを目指している。2023年9月、DOEは二酸化炭素除去の商業企業を支援するために、二酸化炭素除去クレジットを購入するための3,500万ドルの資金を提供する「二酸化炭素除去購入パイロット賞」を発表した。

DOEは、この投資を他の企業や組織にも拡大するため、同日「自主的な二酸化炭素除去の購入チャレンジ」を発表した。「DOEが3,500万ドルの二酸化炭素除去の購入試験で行ったような、より大規模で大胆な購入コミットメントを公にするよう」組織に呼びかけ、購入者が大規模な二酸化炭素除去の購入を行うための支援資料を提供するとともに、二酸化炭素除去クレジットの供給者がより多くの顧客を見つけられるよう支援する。

グーグルはこのチャレンジに参加する最初の企業である。

【参照ページ】
(原文)Our pledge to support carbon removal solutions
(日本語参考訳)グーグル、今後12カ月で約52億円の炭素除去クレジットを約束

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る